トップ

災害時支援ボランティアの輪を広げよう!

~知っていれば誰もができる!災害時要配慮者わたしたちからのメッセージ~

災害時、要配慮者の方々はどのような状況におかれるでしょうか。

困りごとや知ってもらいたいことは何か、当事者の方や日常的に支援活動をされている方からの声を直接聞き、日ごろから私たちにできることは何か、一緒に考えてみませんか。
視覚障がい者体験、車いす体験をしながら福祉フェスタめぐりを行うなど、親子でも楽しみながら参加できます。

「災害時支援ボランティアの輪を広げよう!」申込みURL車いすと介助者のイメージ図

お申込みはこちら↓※もしくはQRコードから→
https://forms.gle/fJceH16BrQ7aeivi9


日時

10月16日(日)10:00~14:30

※時間をわけて5つの講座を実施。各回30分~1時間程度

場所

二幸産業・NSP健幸福祉プラザ7階704研修室(多摩市南野3-15-1)

対象

災害ボランティア活動に関心のある方など

定員

各回20人程度(申込み先着順)

内容

10:00~ (25分程度)
(1) 講義内容:「災害時の認知症高齢者の支援について」

  • 事務局:挨拶(2分)
  • 講師 :いこいの会 会員
    1. 認知症の特徴について
    2. 認知症の方との接し方の工夫について
    3. 災害時の支援方法について
  • 事務局:災害ボランティア登録とアンケート記入のお願い(3分)

10:45~ (60分程度(講義25分+体験30分))
(2) 講義&体験内容:「災害時の視覚障がい者の支援について」

  • 事務局:挨拶
  • 講師 :視覚障害者福祉協会 会員
    1. 視覚障がい者の特徴について
    2. 災害時には、このように支援方法について
    3. 日頃から知ってもらいたいことについて
    4. 視覚障がい者の誘導法について
  • 体験 :アイマスクを付けて歩いてみよう!
  • 事務局:災害ボランティア登録とアンケート記入のお願い

12:00~ (25分程度(講義))
(3) 講義&体験内容:「災害時聴覚障がい者の支援について」

  • 事務局:挨拶
  • 講師 :障がい者情報活動センター 職員
    1. 聴覚障がい者の特徴について
    2. 災害時の支援方法について
    3. 聴覚障がい者とのコミュニケーション方法について
  • 事務局:災害ボランティア登録とアンケート記入のお願い

12:45~ (60分程度(講義25分+体験30分))
(4) 講義&体験内容:「災害時の身体障がい者の支援について」

  • 事務局:挨拶
  • 講師 :平田まりえ氏
    1. 肢体不自由児・者の特徴について
    2. 災害時の支援方法について
    3. 日頃から知ってもらいたいことについて
  • 体験 :車いすで操作し移動してみよう!
  • 事務局:災害ボランティア登録とアンケート記入のお願い

14:00~ (25分程度(講義))
(5) 講義内容:「災害時の外国人の支援について」

  • 事務局:挨拶
  • 講師:TIC職員
    1. なぜ外国人に支援が必要なのかについて
    2. 災害時に困ることについて
    3. 災害時の支援方法について
多摩ボランティア・市民活動支援センター

■多摩ボランティア・市民活動支援センター

〒206-0011 多摩市関戸4-72
ヴィータ・コミューネ7F

TEL 042-373-6611
FAX 042-373-6629

開館日
月~金曜(9時~19時)土曜、第1・第3日曜(9時~17時)
*第1・3月曜、第2・第4・第5日曜、祝、年末年始除く