トップ

食料キット無料配布事業を実施しました!

6月5日(土)・12日(土)の両日、二幸産業・NSP健幸福祉プラザ、多摩ボラセン、しごと・くらしサポートステーションの3か所で食料キットの無料配布を実施し、86世帯、264名の方に約4日間分の食料をお渡しすることができました。新型コロナウィルスの拡大等で生活に影響が出ている「子ども(大学生以下)がいる世帯」と「大学生」を対象にしたこの試みは、多摩市内を中心にボランティア活動や地域・社会貢献活動に取り組む25の企業や団体等で構成された「多摩地域企業・大学等連絡会(愛称:ゆるたまネット)」の初の事業として行われました。配布した食料は、ゆるたまネット参加団体の他、一般の団体や市民の方からの寄付品(フードドライブ他791kg)、寄付金(305,785円)で用意されたものです。皆さまのご協力にあらためて感謝申し上げます。ありがとうございました!

写真:食料キット配布の様子1 写真:食料キット配布の様子2 タマボラ君ご寄付いただいたお米の小分け作業など、事前の準備も多数のボランティアにお手伝いいただきました。

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

食料を受け取った市民の声

配布日当日も、受付やご案内、配送等で多くのボランティアに支えられ、食料キットだけでなく、生理用品や消毒液、マスクなどを多くの方にお渡しできました。今回食料をお渡しした方から寄せられたメッセージをいくつかご紹介します。

ヤカンのイラスト母子家庭で収入が限られている為、今回の支援、大変助かります。3人の子供と今晩からいただいています。本当にありがとうございました。 40代女性 キッチン用品のイメージ図ご支援くださった方、細やかなお心遣いでご対応くださったボランティアセンターの方、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。 20代女性
エプロンのイラスト受け取らせていただきました食料は計画的に無駄なく利用させていただきます。コロナ禍の影響を受けているのは支援者の方々も同じです。ありがとうございました。 40代男性 計量スプーンのイラストコロナ禍で収入が減り、苦しい生活が続いているなか、今回のキットを配布していただいたおかげで、精神的にも少しゆとりがでてきて、親子でも楽しいひと時を過ごすことができました。ご支援・ご協力していただいた方々に、心より感謝申し上げます。 40代女性
ポットカバーのイラスト今後は自分の生活にゆとりができた際には、こういうボランティアに参加できる事があれば、と心から感激致しました。皆様本当にありがとうございました 50代女性 鍋のイラストコロナ禍で疲弊する中、本当にありがたい事業だと心から感謝しています。ご協力頂いた企業や市民の皆様ありがとうございました。40代男性
写真:食料キット配布の様子1 写真:食料キット配布の様子2 写真:食料キット配布の様子3
多摩ボランティア・市民活動支援センター

■多摩ボランティア・市民活動支援センター

〒206-0011 多摩市関戸4-72
ヴィータ・コミューネ7F

TEL 042-373-6611
FAX 042-373-6629

開館日 月~金曜(9時~19時)
土曜(9時~17時)
*第1・3月曜、日曜、祝、年末年始除く