トップ

災害啓発講演会「教訓と経験から学ぶ災害への備え」<終了>

東日本大震災や熊本地震等、災害発生後から各地で行われてきた復興支援活動から、住民の皆さまにとって必要な備えについて学びます。

さらに、要配慮者(乳幼児、高齢者、障がい者)の皆様やその家族が避難先で困ること住民同士の日頃の関係作りの大切さについてなどを、講師の経験などを踏まえてお話いただきます。

ぜひ、皆様のご来場をお待ちしております。

日時

平成30年3月11日(日) 午後2時開演(午後1時30分開場)

会場

関戸公民館ヴィータホール

(多摩市関戸4-72ヴィータ・コミューネ8階)※聖蹟桜ヶ丘駅より徒歩2分

講演テーマ・講演者

第1部「多摩市で今後起こりうる災害とは?その備えについて」

    講師:永吉英記氏(国士舘大学防災・救急救助総合研究所研究員)

第2部「住民みんなで避難する!そのためには?」

    講師:南部美智代氏(特定非営利活動法人災害ボランティアネットワーク鈴鹿理事長)

入場料

無料

申込・問合せ

多摩ボランティア・市民活動支援センター ボランティア担当

電話 042-373-6611

資料

詳しくはチラシをご覧ください。


多摩ボランティア・市民活動支援センター

■多摩ボランティア・市民活動支援センター

〒206-0011 多摩市関戸4-72
ヴィータ・コミューネ7F

TEL 042-373-6611
FAX 042-373-6629

開館日 月~金曜(9時~19時)
土曜 第1・3日曜(9時~17時)
*第1・3月曜、祝、年末年始除く