トップ

ボランティア通信11月号を発行しました

ボランティア通信11月号を発行しました。

以下のリンクよりダウンロードしていただけます。

ボランティア通信11月号(PDF形式 4.3MB)

ゆるたまネット発足のお知らせ

多摩地域企業・大学等連絡会(ゆるたまネット)が発足しました。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

企業のみなさまへ

多摩ボラセンの諸室の定員制限緩和のお知らせ

令和2年11月1日(日)の利用分から、新型コロナウィルス感染対策を継続したうえで、多摩ボランティア・市民活動支援センターの施設貸出し事業諸室の定員制限を定員(100%以内)まで利用可能になります。

ただし、大声での発声が想定される活動の場合は、定員を通常時の50%以内といたします。

また、以下の条件を満たせないと各団体において判断される場合についても、通常の定員に対して概ね半数での利用をしてください。

  • マスクなど飛沫を防ぐものの着用を含め、参加者に対し感染防止策の徹底。
  • 「密」が発生しない程度の間隔(最低限人と人が接触しない程度。)の確保。
  • その他、感染拡大予防対策の実施。

利用に際しては、「新型コロナウィルス感染症感染拡大予防ガイドライン」の内容に留意していただき、ご利用くださいますようお願い申し上げます。

尚、状況に応じて、予告なく部屋貸し事業を中止する場合がございますので、予めご了承くださいますようお願いいたします。

多摩ボランティア・市民活動支援センター

部屋名定員定員
【大声での発生が想定される活動】
100%以内50%以内
打合せコーナー 16人(1ブース4人) 8人(1ブース2人)
パソコン研修室 13人 6人

永山分室(東永山複合施設内)

部屋名定員定員
【大声での発生が想定される活動】
100%以内50%以内
会議室 50人 25人
活動室 20人 10人

総合福祉センター分室(二幸産業・NSP健幸福祉プラザ内)

部屋名定員定員
【大声での発生が想定される活動】
100%以内50%以内
ボランティア活動室 15人 7人

問合せ 多摩ボランティア・市民活動支援センター

〒206-0011多摩市関戸4-72 ヴィータ・コミューネ7階

 電話(373)6611 / FAX(373)6629

ボランティア通信10月号を発行しました

ボランティア通信10月号を発行しました。

以下のリンクよりダウンロードしていただけます。

ボランティア通信10月号(PDF形式 4.5MB)

NPO・ボランティア・市民活動 個別相談会のご案内

NPO・ボランティア・市民活動 個別相談会

「会計や事務のこと教えて」

「財源が厳しくて・・どうしたらいい?」

「NPOとNPO法人って違うの?活動をはじめたいけれどわからない・・・」

 など、団体の運営やNPOの設立に関わる相談やアイデアをサポートします。

 

日時 毎月第2水曜日(原則) (1) 10:00~ (2)11:00~ ※日程はチラシをご覧ください

場所 多摩ボランティア・市民活動支援センター打ち合わせコーナー

対象 既に活動しているボランティア団体、NPO法人、これからNPOの設立を予定している団体など

定員 (1) (2) 各時間帯1組 ※先着順

内容 NPO設立・運営に関する相談や会計などに関する相談など

相談員 内藤純さん〔公認会計士・税理士・ファイナンシャルプランナー(CFP)〕

申込・問合せ 開催日1週間前までに、多摩ボランティア・市民活動支援センターへ

 電話 (373)6611、もしくはファックス (373)6629 でお申込みください。

NPO・ボランティア・市民活動 個別相談会 チラシ(PDF 564KB)


ボランティア通信9月号を発行しました

ボランティア通信9月号を発行しました。

以下のリンクよりダウンロードしていただけます。

ボランティア通信9月号(PDF形式 3.9MB)

ボランティア活動等振興助成金2次募集のお知らせ

多摩ボラセンの登録団体であるボランティア・市民活動団体が行う公益的な事業について、事業の内容により2万円~10万円を助成いたします。

助成金の交付には審査があり、審査で承認された事業に対し交付します。

今年度まだ助成金を受けていない登録団体について、申請を受け付けます。

ボランティア活動等振興助成金(令和2年度)2次募集の申請を9月3日より受け付けます。

助成対象団体

多摩ボランティア・市民活動支援センターに登録していて、会計事務が円滑に行われている団体

助成対象事業

  1. ボランティア活動等の質向上を図るための事業
  2. 広く市民を対象としてボランティア活動等の普及及び啓発を行う事業
  3. 社会的・地域的課題解決のために行い、効果が期待できる事業
  4. 設立した年度またはその翌年度に登録団体となったものが、これから継続して行おうとするボランティア活動等を目的とした事業

助成対象経費

  1. 備品購入費
  2. 通信運搬費
  3. 印刷製本費
  4. 諸謝金
  5. 消耗品費
  6. 交通費
  7. 賃借費

 ※飲食費、団体運営に要する経常的経費は助成の対象外。
 ※また、多摩市や多摩市社会福祉協議会から既に助成を受けている経費も助成の対象外。

申請方法

  1. 助成金申請書(所定の書式)
  2. 計画書
  3. 事業に関する広報紙・チラシなど内容が分かる書類
  4. 講師の氏名・略歴などが分かる書類(講師を依頼する場合)
  5. カタログもしくは見積書(備品購入等する場合)

 ※1.~5.まで全て準備の上、多摩ボランティア・市民活動支援センター窓口まで

助成金申請のための書類データ

  1. ボランティア活動等振興助成金交付要綱(PDF 160KB)
  2. ボランティア活動等振興助成金要綱第1号様式(交付申請書)(PDF 168KB)
  3. ボランティア活動等振興助成金要綱第1号様式(交付申請書)(WORD 33KB)
  4. 令和2年度多摩市社会福祉協議会 ボランティア活動等振興助成事業の2次募集について(PDF 237KB)
  5. ボランティア活動等振興助成金申請書 令和版見本(PDF 262KB)

食で支えるフードボランティア 募集しています

多摩市社協では、ご家庭で眠っている食品を持ち寄り、それらをフードバンク団体や子ども・誰でも食堂、生活の支援が必要とする方などへお渡しする活動「フードドライブ」を行っています。
ご家庭で眠っている食品を1つでもお持ちいただくことで、生活困窮世帯や子ども・誰でも食堂などの支援ができます。

対象となる食品
お米、パスタ、乾麺、缶詰、レトルト食品、お菓子、調味料などの常温保存が可能な食品

  • 包装や外装が破損していないもの
  • 未開封のもの
  • 賞味期限が2カ月以上あるもの
  • 生鮮食品以外で常温保存が可能なもの

※アルコール類(みりん・料理酒は除く)や手作り品 は対象外

受け取り窓口

  • 多摩ボラセン(多摩市関戸4-72ヴィータ・コミューネ7階)
    平日 9:00~19:00(第1・3月曜日を除く)、土曜日・第1・3日曜日 9:00~17:00
  • 多摩市社会福祉協議会 総務係(多摩市南野3-15-1二幸産業・NSP健幸福祉プラザ7階)
    平日 8:30~17:00

【問合せ】 多摩ボランティア・市民活動支援センター TEL (373)6611 FAX (373)6629

ボランティア通信8月号を発行しました

ボランティア通信8月号を発行しました。

以下のリンクよりダウンロードしていただけます。

ボランティア通信8月号(PDF形式 4.3MB)

ボランティア通信7月号を発行しました

ボランティア通信7月号を発行しました。

以下のリンクよりダウンロードしていただけます。

ボランティア通信7月号(PDF形式 2.1MB)

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 25ページ中1ページ目
多摩ボランティア・市民活動支援センター

■多摩ボランティア・市民活動支援センター

〒206-0011 多摩市関戸4-72
ヴィータ・コミューネ7F

TEL 042-373-6611
FAX 042-373-6629

開館日 月~金曜(9時~19時)
土曜 第1・3日曜(9時~17時)
*第1・3月曜、祝、年末年始除く

バナー広告募集

バナー広告募集

バナー広告募集